アプリケーションで教育は変わる

インターンシップでの教育

アプリケーションで教育は変わる 大学3年生になると、インターンシップという言葉に惑わされます。インターンシップを初めて聞いた学生はその意味すら分からないのだと思います。就職活動のためにインターンシップをした方が良い、インターンシップしなくても大丈夫など曖昧な情報が飛び交います。インターンシップとは、学生が企業に入り込み仕事を体験する事を指し、簡単に言えば、就職体験の事です。就職活動でインターンシップを行ったか、行っていないかという事は大して重要ではありません。インターンシップで何かを身に着けた、体感した事の方が重要だといえます。インターンシップは実施し、身になる体験をするという事に関しては就職活動時の面接の話のネタになります。

実際、インターンシップとはどのようなものなのかというと、企業側からすればボランティアや低賃金の働き手を短期で雇えるというメリットがあります。しかし、就業体験は教育の一環ですので、ただ単に、手が足りないのという理由でインターンシップ生を募るという事はしてはいけません。学生にビジネスマナーを教えるという、社内エデュケーションの延長だと思い、社員の成長を期待しなければいけません。インターンシップを受ける学生も就職活動に有利になるからという誤解を持ってインターンシップに臨むのは間違いです。企業人としての教育を受け、自分の成長につなげなければいけません。インターンシップ教育は企業にとっても学生にとっても成長する場だといえます。

おすすめ情報

Copyright (C)2022アプリケーションで教育は変わる.All rights reserved.