アプリケーションで教育は変わる

怒るという教育は難しい

アプリケーションで教育は変わる 人を教育する立場の人はわかるかもしれませんが、人を成長させるには、褒める事も怒る事もどちらも大切なものです。褒めすぎても本人のためにならない、怒りすぎても本人のためにならないのです。したがって、その比率は非常に難しいといえます。褒めるだけでは、人は成長しません。得意な事ばかりしてしまう人間になってしまいます。少しでも自分でできない事や嫌な事をしない人間になってしまいます。逆に怒ってばかりでも人は成長しません。怒られるのが嫌になり、何もできない人間になってしまいます。この二つについて考えると、どちらかというと褒める事の方がまだ良いのだと思えます。したがって、褒めて伸ばす、というような言葉や、好きこそものの上手なれ、などのような言葉があるのだと思います。

怒る教育は本当に難しいです。頭ごなしに怒りをぶつけてしまうのは良くありません。相手の言い分を遮るのもよくありません。怒るという事は愛情を持って、相手の為に行う行為だという事を理解しなければいけません。怒っている時は、その事が相手に非常に伝わりにくいものです。しかし、怒った後にフォローをしてあげる事で伝える事は可能だと思います。このフォローというのはとても難しいです。人を教育する時、特に怒って指導する際は、怒りよりも相手の成長を願い指導しなければ、溝が深まるばかりか、相手も自分も成長できなくなってしまう恐れがあるので十分理解しておかなければいけません。

Copyright (C)2022アプリケーションで教育は変わる.All rights reserved.